さまざまな分野で活躍するエンジニア


   12月 12

感動を提供する立場として

ITの普及と共に、ソーシャルゲームに興じている方が急増しているように感じるのです。

一昔前と比べて、ゲームに参加する方が遠い場所に居ながらにしてネット上に集まって大勢でゲームをする機会が多くなり、ゲームを主体としたひとつの文化を築いていくのではないかというくらいの熱狂ぶりを感じさせるのです。人によっては、ソーシャルゲームにのめり込むくらいにそのゲームが愛おしいと感じていると思い、ともすればソーシャルゲームを通して新たな友人を得る方がいるかもしれません。言い換えれば、ソーシャルゲームがひとつの交流の場として活用される可能性があり、ゲーム以外の話題に興じることさえ考えられるのです。ワイワイ楽しみながらゲームをすることが幸せを感じている瞬間だとおっしゃる方が少なくないと思い、ともすればソーシャルゲームに希望を見いだそうとすることがあるのではないでしょうか。

IT企業で新たなソーシャルゲームを考案している方は、「このアイデアならば多くのユーザーを獲得できるだろう。これだけ斬新なシステムを用意しているんだから、そのシステムの魅力に引き込まれたユーザーの姿が手に取るように分かる」と思っているのではないでしょうか。自分が手掛けたソーシャルゲームをプレイしてくれるユーザーが居ることで、ゲームを開発する仕事の素晴らしさを再確認していくことでしょう。
場合によっては、ゲームを制作しているエンジニアが数年の歳月を経て納得のいくソーシャルゲームを世に送り出すことが考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です