さまざまな分野で活躍するエンジニア


   12月 07

感動を与える者として成すべきこと

視覚的な表現力が求められるアートの力が、IT社会にも必要となっているのでしょう。
奇抜なデザインで多くの人を魅了していき、自分の描き出したアートによって、その人の心の豊かさを育ませるようなお手伝いをするIT技術者が求められているのかもしれません。
そのアートを見ることで、その人の感受性を鼓舞していき、この世に神秘性という名の感動が溢れていることを表明させていくことが、芸術の分野に精通しているIT技術者に課せられた使命だと言えるのではないでしょうか。

アートに興味を抱く時期として、小学生の頃が多いかと考えられます。科目の一つとして図工というのがあり、子供の創造性を育むものとして貴重な科目とされています。
その科目を通して、自分の創造性の豊かさや美術などへの興味の大きさに気づいていきます。将来はアートに精通した職業を通して、自分の創造していった作品により、人々の感受性を高めていきたいと願うようになります。

そして、ネットワークを経由して芸術性を伝えていくことは、現在のITによって容易に叶うのだと考えられて、例え、場所が遠くても自分の完成された作品を公開したりするビジネスを展開していくことにつながるわけです。
美術作品の宣伝を、ネット上で公開していくことは、アートを司る自分の成すべきこととして世の中に主張していくこととなるのです。
ITにより、その人の想いを伝えることが叶えられる時代に、喜びを感じている方もいることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です