さまざまな分野で活躍するエンジニア


   12月 13

心を通わす手段として

一般に、ITのゲーム関連の企業から携帯・通信機器へと情報のデータを介して提供されるゲームは、誰でも気軽に遊べるように分かり易くて、ルールが直ぐに飲み込めるような内容が多いのではないでしょうか。

昔の時代はゲームをする手段といったら家庭専用のファミコンなどのテレビゲーム、ゲームセンターでは画面とコントロールレバーとボタンが一緒になった大型の機器が主流でした。
IT技術の発展によって薄型でコンパクトな最新の通信機器を媒体としたゲームは人類の暇を埋める役目を果たすサポートとして定着していきました。

一般にゲームが好きだという人をよく耳にすることが多くて、やりだしたらきりがなくなるのが特徴のようです。ひとつの決められたルールの中で展開されるひとコマずつの出来事の後に押し寄せるステージクリアなどの一定の条件を満たしたら訪れるささやかな展開に目を逸らさずにはいられなくなる衝動を喚起させていくのでしょう。

人との繋がりが多様化していった昨今では、スマートフォンをはじめとしたIT機器による新たな情報伝達の媒体によって心を癒されている人も少なくはないことでしょう。
その癒やしは暇を埋めることに留まらずに心の隙間さえも埋めてしまう役目も担っているからなのです。

心の隙間を埋めてしまえば寂しさを紛らわすことができて、嫌なことさえもゲームをしているときに忘れることができるのです。それは例えゲーム上においての二次元の繋がりであっても自分の意志で動くものに心を動かされるからなのです。
そんなゲームを作りだしたエンジニアは素晴らしい仕事をしていると思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です